社会保険労務士の役割

「社会保険労務士」は、労働・社会保険に関する法律、人事・労務管理の専門家として、企業経営の3要素(ヒト・モノ・カネ)のうち、ヒトの採用から退職までの労働・社会保険に関する諸問題、さらに年金の相談に応じる、ヒトに関するエキスパートです。

社会保険労務士の定義

社会保険労務士は、社会保険労務士試験に合格した後に連合会に備える社会保険労務士名簿に登録することで、プロとして社会で活躍しています。
社会保険労務士の定義は「社会保険労務士法に基づき、毎年一回、厚生労働大臣が実施する社会保険労務士試験に合格し、かつ、2年以上の実務経験のある者で、全国社会保険労務士会連合会に備える社会保険労務士名簿に登録された者」と法律により定められています。

おしらせ

支部会員の社労士のみなさまへ

まだメールアドレスを登録されていない会員の方は、早急に登録いただくようお願いします。現在、支部からのご案内はメーリングリストを通じてのみ行っております。
登録は会員ページからどうぞ

 

社会保険労務士による出前授業

 

江戸川よろず相談ネットワーク・無料よろず相談会

 

社会保険労務士とは

社会保険労務士は厚生労働大臣から国家資格を与えられた、労働・社会保険諸法令に基づく諸手続き・労働に関する分野のエキスパートです。
会社等においては、労働・社会保険の手続き、相談・労働災害の防止、助成金の申請、就業規則の作成・相談、賃金・退職金制度の相談等を通して会社と労働者の方のより良い労働環境の整備を強力に支援いたします。
また、会社に限らず広く個人の方の相談にも対応しております。たとえば各種年金の申請・相談、個別労働紛争(会社とのトラブル)の解決等も業務として行っております。
また会員社会保険労務士に業務委託いたしますと、通常労災保険に加入できない事業主(役員等)の方も東京SR労務センターを通して労災保険に特別加入者として加入することが出来ます。
是非、労働問題等に関しましては社会保険労務士にご相談されますようご案内申し上げます。