東京都社会保険労務士会江戸川支部

支部紹介

  • HOME
  • 支部紹介

支部長挨拶GREETING

名前 遠藤 誠
役職 東京都社会保険労務士会 江戸川支部長
一言 東京都社会保険労務士会江戸川支部のホームページをご覧いただき、誠にありがとうございます。

 私たち社会保険労務士は、労働社会保険諸法令に関する唯一の国家資格者として、企業における労働・社会保険関係の手続代行業務をはじめ、労務管理の相談指導、就業規則の作成、各種助成金の申請・活用など幅広い業務に従事しています。
 また、企業に限らず、安心して暮らせる社会の実現を目指して、年金・医療・介護・育児などライフステージに応じて受けることができる労働社会保険の給付に関するアドバイスや手続きのサービス、さらに、個別労働紛争におけるあっせん代理人・成年後見人といった分野においても活躍の場を広げております。
 少子高齢化社会の進行に伴い深刻な労働力不足に直面し、政府は『働き方改革』を掲げ、長時間労働の是正、同一労働同一賃金等の制度を整備して企業における人材の確保と生産性の向上を図ろうとしています。
 一方、AIに代表されるIT技術の急激な発達とデジタル化の進展は、規模や業種を問わずあらゆる企業に影響を及ぼし、新たな市場やビジネスを生み出しています。
 『働き方改革』の進展やデジタル社会の到来が、労働に関する価値観をこれまで以上に多様化し、労務管理においては複雑化していくことでしょう。
 社会の転換期において、私たち社会保険労務士は、「人を大切にする企業」づくりと「人を大切にする社会」の実現を目指し、日々研鑽しています。身近なパートナーとして、社会保険労務士をご利用いただけたら幸いです。

 江戸川支部では、社会貢献事業として区内の小・中・高校を訪問し、『出前授業』を行っています。小学生に対しては、「働くこと」の大切さや「社会は支え合い」であることをテーマに、社会生活にはいろいろな役割があり、その大切さを解ってもらうことを目的に、また、中・高生に対しては、ワークルールの基礎知識と社会保険の制度によって日本は支え合っていることを解説し、将来の職業生活との関連の中で、今現在の学習の必要性や大切さを理解してもらうことを目的に行っています。
 学校等教育機関の皆様におかれましては、どうぞ、社会保険労務士が行う『出前授業』をご活用ください。