東京都社会保険労務士会江戸川支部

投稿

  • HOME
  •                
  • 投稿

支部懇親旅行

令和元年9月28日、毎年恒例の厚生委員会主催による懇親旅行が実施されました。今回の旅行の目的地は山梨県北杜市方面。大人気の工場見学2か所と美術館をバスで巡るというもので、総勢19名の参加となりました。
バスに乗り込み山梨県を目指して出発です。バス旅行に欠かせないビールで喉を潤している中、首都高から中央自動車道を疾走!・・・とはいかず渋滞に巻き込まれてしまいました。そのため最初の目的地であるシャトレーゼ白州工場の見学は中止となり買い物のみとなりましたが、東京では食べられない白州工場限定のお菓子を購入できました。シャトレーゼ白州工場は、白州名水を使用したアイスクリームや餡子など素材にこだわったお菓子の製造工程の見学ができるということで大人気のスポット、またの機会がありましたら是非立ち寄りたいと思います。
お菓子工場の次はウイスキー工場です。サントリー白州工場には15分ほどで到着し昼食となりました。洋食のコース料理と一緒に、さっそくウイスキーをいただきました。おいしい水でつくられた氷を浮かべたウイスキーは何ともいえない贅沢な味わいでした。
食事のあとは所要時間80分ほどの白州蒸留所ツアーに参加し、ウイスキーづくりのこだわりを体感、後半はウイスキーのテイスティングを楽しみました。ウイスキーはカロリー・糖質が低くプリン体がほとんどないとのことで、体に優しいお酒だということです。「山崎」が世界のコンテストで金賞に輝いたのをきっかけに、世界中でサントリーのウイスキーが大人気で品薄ということもあり、工場は24時間フル稼働をしているとのことでした。
 最後は平山郁夫シルクロード美術館です。日本画家平山郁夫の絵画作品と平山夫妻が収集したシルクロードの美術品が展示されています。シルクロードの絵画が有名ですが、日本の風景画なども力強いタッチで描かれており迫力がありました。一方で月刊誌の表紙絵や制作資料なども展示されており、多岐にわたった平山郁夫の世界に触れることができました。
 今回の旅行では美味しく食べ、たくさんお酒を飲み、美を鑑賞するという、とても贅沢な時間を過ごさせていただきました。厚生委員の皆様、いつも楽しい旅行の企画から準備、当日の段取りまでありがとうございました。また来年も楽しみにしております。
広報委員 奥野 友美

会員ページメニューMENU