東京都社会保険労務士会江戸川支部

投稿

  • HOME
  •                
  • 投稿

「平成30年度 後期城東統括支部必須研修会が開催されました」

平成31年2月6日に城東統括支部の後期必須研修会が、亀戸文化センター(カメリアプラザ)で行われました。
最初に城東統括支部長の会沢力先生による挨拶からスタートし、続いて東京都社会保険労務士会副会長の寺田晃先生によりご挨拶を頂きました。
研修会では、安西法律事務所の弁護士でいらっしゃる鈴木祐治先生による「社労士として知っておくべき働き方改革関連法」と題して、間近に迫った働き方改革関連法のアウトラインをお話して頂きました。特に、時間外労働の上限規制や年次有給休暇の時季指定に関しては平成31年4月1日施行(時間外労働の上限規制に関して中小企業は平成32年4月1日施行)であるため、その対応を急ぐ必要があり、今回の研修会では大変有意義にお話を伺うことができました。また、研修会には城東統括支部5支部より196名のご参加を頂きました。
最後に墨田支部長の田中誠先生が閉会の挨拶をされて研修会は終了しました。

葛飾支部:疋田秀裕

会員ページメニューMENU